~みて、さわって、つかってみよう~ JCスマホスクール

6月3日 阿波池田青年会議所の事業として
~みて、さわって、つかってみよう~ JCスマホスクール
を開催しました。

インターネットやスマートホン、SNSなどが身の回りに浸透していき、
何事にも便利で楽しくなっておりますが便利になった分、危険性も隣り合わせにあります。
子供たちの周りにもその危険性は迫っています。

01

今回の事業では、子供たちに危険性の認識ともしも危険な状態に陥ってしまった場合、
身近な人に相談や対処してもらうという事を認識し、人との繋がりを大切にして頂く事を目的としています。

02

講師は教育情報化コーディネータ(ITCE)1級
総務省 地域情報化アドバイザーの
中川 斉史先生にお願いしました。

教育情報化コーディネータとは学校や高等教育機関など教育の情報化をコーディネートできる人材を認定する制度であり、
1級、2級、3級があります。そして1級取得者は国内で3名のみ!!
そんな凄い中川先生は地元の小学校の先生なのです。

03

授業ではスマートフォンを生徒一人一人に持たせて
架空のネットワーク上でコメントや動画のやり取りを行ってもらいました。
はじめは皆の名前が見える形、次は匿名で行う形をとり、
相手が分からない状態でのSNSの危険性を体験してもらいました。
04

生徒たちに囲まれる村中理事長!
「オーブが1200個ある」ということで
生徒たちが殺到!オーブって何?
05

2時間という長丁場の授業でしたが、
実際にスマートフォンを利用したことで、生徒も楽しく学ぶことができたようです。
06

ご協力いただきました
中川先生、小学校の先生、生徒の皆様
そして、スマートフォンに関してご協力いただきました株式会社シーモス様
ネットワークに関してご協力いただきました日本マイクロソフト株式会社様
皆様本当にありがとうございました。

4月度例会 このまち、すてきやん!交流会

4月15日 阿波池田青年会議所
4月度例会 このまち、すてきやん!交流会 を開催しました。

地域の若者と交流会を通して、私たち青年会議所の運動を理解してもらうことが
メインテーマです。

場所は池田の新名所となりつつある「やぎう坐」で開催です。

2017 4月例会_170607_0014

もちろん、「このまち、すてきやん!」と表す通り
地域の魅力として地元の食材を使ったフルコースをご用意
2017 4月例会_170607_0018

2時間があっという間に感じれらて例会でした。
私たちの運動に賛同いただき、一緒に活動できると嬉しいですね。
最後に記念写真(画質がエライことに・・・)
2017 4月例会_170607_0007

前田委員長、お疲れ様でした。

3月定時総会

3月22日に定時総会を行いました。

01
総会では2016年度の決算が承認されるとともに
2017年度の第一次補正予算が承認されました。

02
2016年度 横田理事長 お疲れ様でした。
これにて2016年度が無事終了となりました。

そして終了後は懇親会へ
03
懇親会では東かがわ青年会議所さんが
2017年度 四国地区大会 東かがわ大会のPRをされました。
「共創(きょうそう)」を合言葉に事業を構築されておられます

私たち阿波池田青年会議所も3年前の2014年に
地区大会を開催し、本当に有意義な時間を過ごさせていただき
大きな成長となったことを記憶しています。
7月15日は東かがわへGO~

04
そして鳴門板野青年会議所さんが
創立50周年のPRをされました。
「日進月歩(Nisshin-Geppo))」を合言葉に事業を構築されておられます。
鳴門板野青年会議所さんと我々阿波池田青年会議所は
「海猿」、「山猿」と呼び合ういいライバル関係です。
(なんかこの呼び名で既に負けてる感がありますが・・・)

PRでは濱田理事長が
「鳴池線(徳島県道12号鳴門池田線)の名が示す通り
鳴門の方が池田より上やけんね~」
って言われてました

が!

昔の命名では格が上の方が名称は後ろに来ますからね~
なんてここで言い返しておきます。(笑)
※ちなみに名前の順番には諸説あるそうですが、
前後のどちらが格が上とかはないみたいです。

2016年度(51年組)卒業式

2月22日(水)に阿波池田青年会議所2016年度(51年組)卒業式を行いました。

51年組は久保真人先輩が卒業されました。
sotu-02
sotu-03

阿波池田青年会議所といえば「JCわくわくフェスタ」が有名になりましたが、
そのJCわくわくフェスタの副委員長を2年連続歴任され
事業の成功に大きく貢献された先輩であります。
人の目には映らないとこでも縁の下の力持ちとして様々な活動をしていていただき
全力で活動していただきました。
深夜遅くまでコンビニの前で愚痴を聞いていただいことも多々ありました。

そんな頼もしい先輩も卒業となりました。
先輩の残した功績を現役メンバーで引き継いで参ります。
sotu-01

久保真人先輩、ご卒業おめでとうございます。

sotu-04
懇親会でようやく笑顔になった久保真人先輩♪

三好新春賀詞交歓会

2017年1月7日当LOMは1月例会として
「三好新春賀詞交歓会」を毎年開催させていただいております。

各青年会議所の理事長さん方は「呼ばれてないよ~」って思うかもしれませんが
安心してください。呼んでません!

というのも、この「三好新春賀詞交歓会」は他の互礼会と違い
三好地域方々の和を広げることを目的にしております。

そして、毎年、徳島県知事、三好市長、東みよし町長 をはじめ、国・県議会議員・市町議会議員の皆様や、
我々青年会議所が日頃からお世話になっている各種団体・企業の代表者の方々等にお越し頂いております。

01

 

では三好新春賀詞交歓会の紹介を
02
まずは、2017年度理事長である村中将治よりご挨拶させていただきました。
画像が荒くて分かりにくいですが、緊張しておりますね。
阿波池田では理事長にとって「三好新春賀詞交歓会」が一番緊張する場面であると代々言われております。
多くの来賓の方がお越しいただいてる中、そしてしかめっ面の歴代理事長の前での挨拶は
本当に緊張するとのことです。

0306

そして毎年お越しいただいております、
徳島県知事 飯泉嘉門様よりご祝辞をいただきました。

知事は毎年、干支に関してことも一言お話を頂いております。
今年は丁酉(ひのととり)についてお話しいただき、どんな年であるのかを考える機会となりました。

引き続き、
衆議院議員 山口俊一様、
参議院議員 中西佑介様、
三好市長 黒川征一様、
東みよし町長 川原義朗様
よりご祝辞をいただきました。

0405
そして、鏡開きです。
この頃には緊張していた村中理事長の顔も
笑顔になってますね♪

07
交歓会で飯泉知事よりお酒をつがれる村中理事長
ちょっと顔がこわばってます

08
地元池田ケーブルテレビの取材を受ける村中理事長
半笑いです(笑)

09
各種団体様と打ち合わせする
事業の担当委員長である 総務広報委員会 岡田委員長(左)
司会者の総務広報委員会 大岩副委員長(右)

10
事業はこのように参加者同士が交流を重ねていき
JCメンバーはホスト役に徹します。

そして、各種団体様によるPRタイム

11
四国酒まつり実行委員会様より
第18回四国酒まつりのPR

12
雪合戦四国大会実行委員会様より
第13回雪合戦四国大会のPR

13
四国旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 半井 真司様より
「四国まんなか千年ものがたり」のPR

このように三好新春賀詞交歓会は各種団体様がPRでき、
三好地域方々の和を広げることができます。

おまけ
14
緊張がピークの司会者 大岩達矢君

15
「俺は去年やったから余裕やで~」の横田直前理事長

16
翌日の1月8日の徳島新聞の朝刊に載せていただきました♪

ではでは
本年も公益社団法人阿波池田青年会議所をよろしくお願い致します。