2017年度 総務広報委員長 所信

総務広報委員会委員長 岡田直也

 

所 信

私たち阿波池田青年会議所は2014年以降、公益法人として

この三好地域の発展のため様々な公益事業を展開してきました。

この三好地域の発展には公益法人である私たち

阿波池田青年会議所なくしては成しえないという自負の元、

今後も活動を続けていかなければなりません。

しかし、現在私たちの組織は会員数の減少という問題を抱えており、

周りを見渡すと、少子高齢化や地域経済の衰退と私たちを

取り巻く環境も変わってきています。これまでと同じような組織運営を行っていては、

いずれ組織は成り立たなくなってしまうでしょう。

今後も阿波池田青年会議所という組織を存続させ、

さらに発展させていくためには、より効率的な組織運営が求められます。

これまでと違う新たな試みにも挑戦していかなければなりません。

一年を通じて総務広報委員会が中心となって、

新しい手法を取り入れたより効率的な組織運営を行います。

財政面においても全会員がルールを理解してこそ、

公益法人としてのあるべき姿であると考えます。全会員に対しルールを周知し、理解を深めるよう努めます。

私たちの組織の活動を市民の方々に理解していただくことも本委員会の重要な担いの一つです。

一人でも多くの方に私たちの活動を理解していただくために、

市民の方々の興味を引けるような広報活動を考えなくてはなりません。

様々な広報ツールを活用し、多くの方に興味を持ってもらえるよう広報活動を展開します。

また、三好新春賀詞交歓会の企画、運営を本委員会が行います。

三好地域の明るい豊かな社会の実現を望む方々の意見交換の場として、

非常に大きな意味を持つ事業です。

2017年度三好地域にとって良い一年となるようそのスタートを切るに相応しいはずみとなる事業とします。

本年度、総務広報委員会が阿波池田青年会議所の屋台骨としてあり続けるためには、

委員長である私が何より確たる存在とならなければなりません。

他の委員会がより良い公益事業を行えるよう支援するとともに、

阿波池田青年会議所が公益法人として三好地域に必要不可欠な組織として

あり続けられるよう総務広報委員長として一年間率先垂範してまいります。