2017年度 会員開発委員会 所信

会員開発研修委員会委員長 前田敦生

 

所 信

ここ近年、全国的に青年会議所の会員数は減少傾向にあります。

私たち阿波池田青年会議所も例外ではなく、

組織運営にも支障を来たすほどに会員数が激減しているため、

会員拡大を行うことが急務となっております。

また並行して、今まで以上に会員の資質向上と意識改革に精一杯取り組んでいく必要があります。

私自身においては青年会議所活動や運動を通じて、

多くの人と出会い共に運動をすることで、今まで気づいて無かったまちの魅力や、

この住み暮らす三好地域の様々な視点での考え方を知ることで、

郷土に対する愛着や誇りを持つことができました。

だからこそ、この様な経験をより多くの地域の青年たちに伝えていきたいと考えます。

そこで本年度会員開発委員会では、この三好地域の真のリーダーになるべく

自覚と責任を持って行動し、会員一人ひとりの資質を高める活動を展開してまいります。

それにより組織としての魅力をさらに高め、

その行動や姿勢に共感し共に活動したいと思っていただける組織にしていくことが、

会員拡大に繋がると確信しています。

また、JCの三信条である修練、奉仕、友情を共にしてきた卒業生には、

今までの青年会議所活動を共に振り返りながら今一度経験を思い起こしてもらい、

これからの人生の活力になるよう、感謝の気持ちを込めた卒業式を行います。

本年度の基本理念である「誇り」を念頭に置き、

確固たる決意の下で全会員が一丸となるよう資質向上と意識改革、

そして会員拡大に精一杯取り組んでまいります。